2006.10.12 Thursday

HMF2006その1

0
    今年のハイドパークミュージックフェスティバルは、
    フォークルが再結集するという情報が入ったので2日間行くことにした。
    昨年一度行っているため、勝手知ったものだ。

    当日。
    早めに会場に入り、グッズをゲット。
    Tシャツは必需品です。
    今年も売店は、知ったような店ばかり(というか昔から知っているが)

    お昼過ぎ。
    待望のステージが始まった。

    ステージです

    ・最初は、ハンバートハンバート。

    先日テレビで加川良とともに歌っていた2人だ。
    オープニングにふさわしい歌声。
    最初は声が出ていなかったが、あとでなかなかよくなっていく。

    「怪物」「願い」「喪に服すとき」、と、のちに良く聴くようになる曲が続いていった。

    ・次に、中村まり。だったが、こどもがつまらながって昼を食べに屋台に行ったので、
    残念ながらステージが観られなかった。



    子どもと奥さんが一時別の場所に行ったため、客席に戻る。

    ・ハンズ・オブ・クリエイション。
    高田漣くんのいるバンドだ。
    これもなかなかいい。

    休憩の時、記念にと、売店で高田渡と高田漣のライブCDを購入する。
    CD買って、振り返ると、ハンバートハンバートの佐野さんがCDを売っていた(笑)
    これは、買わないわけいかないでしょう。
    ちょっとおまけしてくれた上、サインまで頂きました。
    記念になります。

    ハンバートハンバートのおふたり

    ・オレンジ・カウンティ・ブラザーズ

    なんか昔のバンドらしいのだが、全く知らなかった。
    でも、これがなかなかいい!
    Dr.Kも加わり、大盛り上がり大会。

    ・あがた森魚(あがた森魚、武川雅寛、矢野誠、渡辺勝、渡辺亮)

    いやぁ。参りました。
    あがた森魚。
    歌がうまいのはまだしも、『佐藤敬子先生は残酷な人ですけど』には
    ノックアウトされました。

    ・高田渡トリビュート(高田漣、佐久間順平、今野英明、河合徹三 ほか)

    僕が一生悔いに残るのはなにより高田渡のステージを見ることが出来なかったことだろう。
    そんな中、高田渡トリビュートのステージは始まった。

    最初は、バイオリンのインストで、生活の柄。
    大江田信やbonobosの人が出てきた後、ハンバートハンバート。
    この2人。ブラザー軒と、火吹竹 を歌ったのだが、
    高田渡の歌う「ブラザー軒」とはまた違い、大変心に染みる。

    ・今野英明の「ごあいさつ」「値上げ」も違ったアレンジでおもしろい。
    今野英明。良く知らない人なのだが、僕の前に座ってビールばかり飲んでました。

    ・小川美潮。歌詞が飛んでしまいました(笑)

    ・そして「シバ」。
    ベテランの彼を見るのは今回がはじめてなのですが。
    「夜風のブルース」がかっこよかった。
    とても。ギターがうまいね。

    最後に全員で「生活の柄」を歌ったのですが、
    ステージで「最後に全員で歌います」、みたいな呼びかけをしたとき、
    前に座っていた今野英明は、ビールを飲んでいる手が止まってしまいました。
    聞いてなかったのかな?
    慌てて、ステージへ向かって走り去ったのでした(爆)

    Dr.K

    ・アサイラム・ストリート・スパンカーズ

    今回のゲストでした。
    本場のアーチストを聴くのもなかなかいいものですな。

    ・向井秀徳アコースティック&エレクトリック

    すいません。
    論評できません。
    僕にはさっぱりわかりませんでした。
    カラオケで歌っていたようです。

    ・伊藤銀次 with Friends(杉真理 &村松邦男)

    いやぁ。伊藤銀次ですよ。みなさん。
    ココナツ・バンク。
    ナイアガラ・トライアングル。

    元ハックルバックの林敏明。元はちみつぱいの和田博巳。
    徳武弘文。元シュガーべイブの、村松邦男。

    豪華メンバーでのステージ。
    生で聴くこのメンバーの「ダウンタウン」

    素敵な1日はこうして終わりました。
    2005.09.28 Wednesday

    アマゾンっておそろしい

    0
      Live8のDVDがでるそうなので、アマゾンで予約。
      時間があったので、いろいろ探りを入れてみると、ブレバタの昔のアルバムが紙ジャケで再発されていた。

      ぽちぽちぽち。


      うーん。
      ネットだと、すんげー気軽に買ってしまう。

      ブレバタは唯一のライブ盤を購入。
      他にヒットだったのは、森山良子の「涙そうそう」。
      夏川りみとビギンで一緒にやったライブのシングルだ。

      今、保留中なのは、はっぴいえんどボックス。
      聴きたいけど、値段高すぎ。

      買い過ぎには注意しよう(^^;)


      2005.09.04 Sunday

      ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル

      0
        ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルに行ってきました。

        ステージ

        私が行った日の参加者は、

        ヤマザキヤマト
        ラリーパパ&カーネギーママ
        テキーラ・サーキット
        麻田浩&Muddy Greeves
        ゲスト:トミ藤山
        森山良子/ブレッド&バター/斎藤誠
        センチメンタル・シティ・ロマンス
        鈴木茂
        with伊藤隆博、田中章弘、日野亮介、宮田繁男、市原ひかり
        マーク・ベノ
        withラリーパパ&カーネギーママ
        高野寛&佐橋佳幸 with Friends
        ゲスト:大川タケシ(from 東京60 WATTS)、小谷美紗子
        小坂忠 with 駒沢裕城
        + 高野寛、佐橋佳幸、杉浦琢雄、tatsu、玉田豊夢

        暑い日でしたが、じっと我慢して前のほうに座ってました。
        スタッフの出入口に近いせいか、いろいろなアーチストが近くにいます。



        マジックを持っていかなかったことが悔やまれます。
        徳武弘文とか、センチの人たちがいるのに...



        前半のコンサートでの圧巻は、トミ藤山。

        http://www.tomifujiyama.com/web/japanese/japanese.htm

        経歴からすると、66歳の彼女。
        いきなりエレキの早弾きで会場を驚かせます。
        テネシーワルツでは、そのすばらしいボーカルを聴かせ、そのあとには、ヨーデルまで。
        こんなアーチストを知らなかった私は実に不覚でした。



        タイムテーブルよりも早くすすんだステージで、現れたのが斉藤誠。ナンバーワンバンドにいた人だよね。
        そして森山良子。
        サマータイム。涙そうそう。星に願いを。
        聴かせます。

        そしてブレバタ。
        ん。
        酔っているのか、さっちん(笑)



        湘南ガール、ピンクシャドゥ。
        そして、一緒に"With a Little Help from My Friends"

        センチメンタル・シティ・ロマンス 。
        ブレバタのバックで演奏して以来ですが、やっぱりうまいなぁ。
        聴いていて気持ちがいい。
        どうして売れないのだろう。
        「はいからはくち」盛り上がりました。

        鈴木茂。
        「はないちもんめ」も良かった。
        拓郎のバック以来なので、20年ぶりだが、老けたね。
        バンドの演奏自体はいまひとつかなぁ。

        時間がなくてここで帰ってしまったのです。残念。
        2日目は行く予定がないので、さらに残念。
        細野さん、見たいなぁ。


        2005.07.29 Friday

        ああ、つま恋

        0
          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000041-nks-ent

          75年のつま恋は伝説だった。
          なんせリアルタイムではないし。
          テレビで映像見て、かぐや姫の「あの人の手紙」が、圧巻だった。
          85年のつま恋。
          後藤次利と高中正義を従えての拓郎の「落葉」に感激して、かぐや姫の「人生は流行ステップ」の鳥肌が立った。
          (アルフィーに帰れコールした)

          またやるんですって。奥さん。
          徹夜は嫌ですよ。
          昼間、灼熱のあのつま恋のステージが、また再現されるという。


          拓郎らはファンとともに青春をプレーバックし、幸せなひとときをすごす機会があってもいいじゃないかと一致。つま恋再集結を呼びかけている。


          倒れる人がでないか心配ですが、行きたいなぁ。
          無理だろうなぁヽ(´ー`)ノ
          2005.07.06 Wednesday

          今日の音楽「旅荘カリフォルニア」

          0
            じっつにひさびさに、旅荘カリフォルニアを聴いています。
            いや、懐かしい。
            ハイウェイスターの伴奏で夢の中へを歌ったりしてるんですが。今聴いても新鮮ですな。
            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << September 2016 >>
            Selected Entries
            Archives
            Recent Trackback
            Recommend
            できるブログ
            できるブログ (JUGEMレビュー »)
            田口 和裕, できるシリーズ編集部
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM